樋口のモノづくり

その精巧さは進化を続ける確かな技術

1930年弊社の前身「樋口鉄工所」は、
200年以上より伝わる
「鎚起銅器」と呼ばれる
特殊加工技術を身に付けた数少ない
職人の工房として始まりました。
時代と時流に適応した改革と変革を常に重ね、
先代から引き継ぐ知恵と、
使う人への優しさを込め、
作業の一つ一つが丹念な手仕事で行っています。
日本で一般的に使用され始めた
1958年から加工を行っており、
北海道においてその技術は他の追随を許しません。

樋口では最先端テクノロジーによる
高品位な製品を製作するために、
最新型加工機を導入しております。
加工レベルの向上が北海道全体の
工業レベルの向上と願い、
樋口の進化を支える心臓部として
商品づくりを行っています。

製作実例ギャラリー
自動搬送台車
Automatic transport trolley

この搬送台車は上に重さ四トンもの
フォークリフト車体が載り、
左右に移動する装置で、
構造上かなりの強度が要求されます。
また、塗装工程において乾燥炉内に
出入りするとのことで耐熱性も
考慮されています。

日本の自動車産業の底力を見る思い。
自動搬送台車や部品組付け
装置などの受注製作
自動車産業関連機器の紹介

実際に受注し製作してみますと製造コストを極限まで削るために、ここまで投資して自動化するのだろうかというのが正直な感想であり、驚きでもありました。スケールメリットがあるからこそ、これだけ投資できるのでしょうが、やはりこういう地道な努力があるからこそ信頼性や価格において日本の自動車が国際的にも優位に立ち、競争力を持つことができるのでしょう。
安価に良い物を製造するという事に関して、一切の妥協が無い姿勢が十分に伝わってきます。製作したのは車体の塗装行程における自動搬送台車五台と搬送台車押出引出装置4台、オートマチックトランスミッション部品の組付け装置一台、及びオートマチックトランスミッションのストック棚2台です。

Photo:押出引出装置
Photo:部品粗付け装置
Photo:ストック棚
自動発泡スチロールフタ掛け装置
掛ける君
Automatic Styrofoam lid hooking device

水産加工場においてコンベアで
流れてくる発泡スチロール製の箱に
製品を箱詰めする際、箱に自動で
発泡スチロールのフタを
供給し密封する装置。

様々な工夫で組み立てコストの
低減が可能に
 この自動発泡スチロールフタ掛け装置「掛ける君」は発泡スチロール製品を製造販売しているメーカーから受注しました。発泡スチロール製品を購入しているユーザーが、より効率よく梱包作業できるように開発された装置です。

 海水が身近にあるという過酷な環境で使用されるため当社としては、本装置の特徴を生かし、且つステンレス材料の優位性を保ち、当社のレーザー加工、曲げ加工の精密加工度を生かして製作組立を行いました。しかしながら全て順調だったわけではなく、最も時間を費やしたのは ベルトの蛇行調整。予想以上に横ぶれが発生し、いろいろと対策に頭を悩ませましたが大変勉強にもなりました。

Photo:自動発泡スチロールフタ掛け装置【掛ける君】

電子スモーク装置
Electronic smoke device

高電圧電源と燻煙の
イオン化現象を応用した
画期的な燻製製造装置。
常温でのスモーク時間を
大幅に短縮できるので
ローコストで美味しい燻製が
生産できます。

世界唯一の燻製製造機械。
電子スモーク装置「スモッち燻」(株)北陽
 食品産業の中でも燻製製品は、その素材と加工法にそれぞれが独創性を競い合っている代表例の一つです。特に北海道においては、水産物をはじめとする原材料の種類と生産量の多さから、その二次加工および商品化の優良製法として、各種関連業者の関心は高まる一方です。

 こうした現状を背景に今、まさに同業界などの注目を一身にに浴びているのが、今回紹介の世界にも例を見ない画期的な技術開発の成功で誕生した燻製製造装置です。開発に成功したのは環境エンジニアリング専門企業㈱北陽で、当社は同装置開発当初より、システムの最大限稼働達成を目標に、その本体設計と製作に参画、様々な要望や課題に取り組んでまいりました。

Photo:電子スモーク装置【スモッち燻】

メロン洗浄機
Melon washer device

道産品の一大ブランド「夕張メロン」。
収穫後、箱詰め前にメロンに
付着した農薬や>土の汚れを水と
ブラシで洗浄する自動機械です。

今年も導入が相次いだ
「メロン洗浄機」。
地元希望の星、
道産品の一大ブランド
品質管理の強力サポーター
「洗浄機」
 全国に根強いファンを持つ夕張メロンは、今や地域の希望の星でもあります。同メロンの長い人気を支えているのは、最高級の味と徹底した品質管理です。そして、その一助となっているのが、数年前から当社が開発・製作に携わっております「メロン洗浄機」です。

 これは名前の示すように、箱詰め前のメロンに付着している農薬や土などの汚れを水とブラシで洗い上げる専用機です。構造は稼働するコンベア上のカップに載せられて一定区間移動するメロンを、左右6個の回転ブラシと上部からの散水で完璧に洗浄し、最後にはエアーで水分を飛ばす仕組み。この機械が誕生する発端から、その後重ねられた改良・改善の過程を経て日の目を見るまで、全て夕張の生産農家たちとの共同作業でした。

Photo:メロン洗浄機での作業風景

車輌洗浄装置
Dump truck cleaning device

性能能力
車輌洗浄噴霧圧力・・・
7Mp以上 (各噴霧ノズル共通)
車輌洗浄ポンプ能力(最大値)・・・
9.0Mp
車輌洗浄ポンプ定格・・・
AC200V 3Φ 7.5kw×3台
車輌洗浄時の最大吐水量(合計)・・・
150L/分

寒冷地対策機能をしっかり備えた
充実の内容
 寒冷地対策機能をしっかり備えた充実の内容。冬期間未使用時は配管内ポンプ内の水をタッチパネルスイッチにより自動的に排水します。また、排水完了後にポンプ内に凍結防止剤を自動的に注入し凍結保護を行います。

 中間期の低温回収動作、外気センサーが設定温度以下になった場合は洗浄が終了し、一定時間未使用時に自動的に洗浄配管内の水回収を行い、先端噴霧ノズル等の凍結を防止します。また、車輌進入時は通常洗浄を行います。

Photo:車輌洗浄装置の作動風景

乾式自動皮むき装置
Dry automatic peeling device

根菜類の皮むきを水を使用せず、投入後は搬送から排出まで全自動で行う機械です。

 基本的な構造としては、2本の穴の開いた回転するドラムの間にジャガイモ等を通して皮を剥くというシンプルな発想ですが、〔穴の形状〕〔回転速度〕〔回転方向〕の違いにより様々な影響が出る為、〔ムラ無く綺麗な仕上がり〕を実現するのに何十本という回転ドラムを試作し、お客様の要望する形になったと自負しております。

Photo:自動皮むき装置(ドラム部)
Photo:自動皮むき装置の作業風景
自動搬送コンベアー
Dry automatic peeling device

寸 法:3340L×475W×700H
寸 法:2800L×475W×450H
材 質:鉄にメッキ仕上げ
(一部鉄に塗装仕上げ)

安全かつ安心に作業を
円滑に進めるコンベアー

  自動車のトランスミッションをコンベアーにて搬送します。コンベアーにはギアモーター、センサー、エアーシリンダー及びアンチバック(搬送中に、反動でバックしない様にする為、ロック機能を設定)が取り付いています。

Photo:コンベアー溶接風景
Photo:本体全景(3340L×475W×700Hタイプ)
Higuchi Stainless Factory
- group company -

グループ会社:樋口ステンレス工業㈱サイトへ ▶
ステンレス製品のお問い合わせ/
カタログ請求について

第二営業部
〒003-0803 札幌市白石区菊水3条4丁目2-4 樋口キッチンビル2F
TEL.(011)811-2150 FAX.(011)822-8088

SYSTEM KITCHEN WEB CATALOG

システムキッチンWebカタログ

パソコンでご覧いただけるWEBカタログです。iPhone/Android/iPad等でも閲覧いただけます。